おしゃれなカフェバー

楽しいけど朝帰りはゴメン!飲み会でお先に失礼するコツ

連日続く深夜帰りはなかなかつらいものがあります。

そんな深夜まで続く飲み会を失礼にならないように早めに切り上げるスマートな方法はないのでしょうか?

飲み会を早く切り上げるスマートな方法とは?

1.帰り時間を早めに伝えておく

あらかじめ自分の帰り時間を伝えておきましょう。

その時に門限があることやペットの世話があるなどの理由を添えるとより効果的です。

2.体調不良を理由にする

体調が悪いことを理由に飲み会を切り上げてしまいましょう。

飲み会数日前からマスクをしてみたり、仲間と口裏を合わせてもいいでしょう。

3.呼び出されたふりをする

席を立ち、その間に呼び出しがあったふりをするのも効果的です。

最近では「iCalling」などのフェイク着信アプリなどもリリースしているのでぜひ早めにダウンロードしておきましょう。

4.序盤からひたすら飲む

飲み会スタートから勢いよく飲み始め酔っぱらってしまいましょう。

気分が悪くなったふりをして切り上げるのも自然な流れになります。

また相手にも速いペースで飲ませて飲み会自体を切り上げることも有効です。

5.正直に話す

早く帰りたいことを正直に伝えましょう。

この時酔った勢いに巻き込まれないことや、相手を嫌な気持ちにさせないように笑顔で伝えることが大切です。

どんな言葉で切り上げればいいの?

「明日予定があるので」「両親が遊びに来るので」「予定が入っていたのを忘れていたので」など予定があることをアピールするのも有効です。

またペットを飼っているのであれば「ペットの世話がある」というのもおすすめです。

そのため日ごろからペットを飼っていることはきちんとアピールしておきましょう。

さらに体調が悪い場合も「気分が悪くなってきたので」「頭が痛くて」さらには「家族の具合が悪いようで」なども理由になりやすいです。

とにかく正直に理由を伝えよう!

飲み会を切り上げたい場合はまず自分の理由をきちんと相手に伝えましょう。

飲み会に読んでもらった感謝の気持ちを伝えながら理由を話せばきっと相手にも伝わるはずです。

また相手のペースに流されず、自分のスタイルを貫くことで飲み会はさらに楽しむことができますよ!