焦ってしまった。家のカギと車のカギはどこに?さあ、大変

出掛けようとバッグを持って、いきおいよく玄関のドアをバーン。
さあ、車へ……。
ない。車のカギがどこにもない。ポケットにあるのはタバコとライターのみ。バッグの中を探してもない。

あー、家の中だ。
しかし、家の中にも入れない。そうなのです。家のカギと車のカギは一緒にしてあるのです。ましてカギがかかったあの家の中に…

まず、どうやって玄関のカギを開けようかと考えました。
ここは、アパートの二階。お風呂の窓はいつも開いているのでどうしたものかと考えましたが、まずお風呂の窓から侵入は100%ムリ。
誤って滑ったら大ケガか死ぬかもしれません。
あとカギが開いているところは…
あった。発見。炊事場の窓。
しかし、そこはとても小さい窓で、調味料やら包丁やらコザコザ何かたくさん置いてあります。
見せるために置いたものが…あーどうしよう。しかしカギを開けないと。

途中、不動産に電話してカギを開けてもらえないかと問い合わせたところ、料金が発生する、鍵屋を呼ばないといけないとか意味不明な事を言われたので、「自力でどうにかします。」
と言ったものの…どうしよう…
炊事場の窓を見て考えました。窓を見ても窓は高く、小さい私にはどう頑張っても届きません。

しばらくして、「これだ」と思い、外にあった椅子に上り、それでも届かなかったので、椅子の上にブロックをのせて上りました。
腹筋を使い、小さい窓に上半身を入れ、お尻は窓から出たまま、手を伸ばしたら…

ガチャ。なんと手がドアノブに届いたのです。
知らない人が見たら、泥棒と間違われるような態勢で窓に入ってました。

まあ、玄関も開き、無事カギを取ることができたので一安心でした。